タラバガニ 通販 おすすめ

タラバガニ通販おすすめランキング|購入で失敗しないショップ選び紹介

タラバガニ通販のおすすめサイト、ショップをランキングで紹介。タラバガニ通販で失敗しないために店舗の人気、評判などをチェックし厳選したおすすめ通販サイトを紹介。タラバガニ市場の情報や購入する際のポイントなどもいろいろ紹介しています。

タラバガニ通販でタラバガニ肩脚の購入は『足し脚無しのフルシェイプ』がおすすめ

読了までの目安時間:約 6分

 

タラバガニは毛ガニやズワイガニのように、カニ味噌はあまり堪能することはできません。タラバガニの味噌は毛ガニやズワイガニとは違い、加熱しても固まらない特性があり、茹でると流れてしまいカニ身にしみ込んでしまいカニ身の風味を損ないます。

 

タラバガニの醍醐味はプリッとした食べ応えのある脚の部分って方が多いと思います。その為、タラバガニはズワイガニや毛ガニほど姿物を通販購入するメリットがありません。姿物だと処理も大変なので、タラバガニ通販で自宅用のタラバガニを購入するならタラバガニ肩脚がおすすめです。

 

ギフトや贈り物なら見た目のタラバガニはとても大きく見栄えがいいので姿物もいいかなって思います。でも、普段からタラバガニをあまり食べない方に贈るのであれば、調理の手間を考え肩脚を贈るのもいいかなって思います。大きいタラバガニはかなりの大きさなので、冷蔵庫に入れるのも大変ですからね( ^^) 。

 

 

タラバガニ通販で人気のタラバガニ肩とは

タラバガニ通販でタラバガニ肩脚やタラバガニ肩などと言った名前で販売されているものがありますが、そもそも脚じゃないの?肩って何って感じる方もいるかもしれません。

 

カニの数え方には『杯』『肩』『本』『匹』などいろいろな数え方があります。普通カニを数えるときには1匹、2匹と数えますよね。でも、市場や店頭などカニを扱う時には、1杯や2杯などといった数え方が用いられます。

 

そして、カニの脚は胴体から切り離されているものは1本や2本と言った数え方をしますが、タラバガニなど丸ごと売られる機会の少ないものは、脚がつながっている半身の状態で販売されることが多くあります。この状態のものを肩と呼び、1肩や2肩などと言った数え方をします。2肩で甲羅の余分な部分を取り除いたカニ1杯分になります。

 

タラバガニ肩の1肩とは下記のようなものになります。

 

タラバガニはヤドカリの仲間なので完全な状態では1肩には、脚が4本ついていることになります。

 

写真に印をしているところが肩と言われる脚の付け根の部分です。このような肩と脚が付いている状態で販売されるので、タラバガニ肩脚などと言った呼び方で販売されることもあります。これは販売店によって違うので、タラバガニ1肩やタラバガニ肩、タラバガニ肩脚など表記は様々です。

 

 

タラバガニ通販で肩脚はおすすめの購入方法

タラバガニ肩脚1kg(1肩)、タラバガニ肩脚1kg(4肩入り)だとどっちがお得でしょう?4肩入りというといっぱい入っていてお得!?って見えるかもしれませんが、この場合、1肩当たりの重量は平均すると約250gということになります。

 

タラバガニの肩脚は食べられない部分があります。1肩サイズが小さくなると殻の部分も増えるので食べられる中身の量が少なくなります。1kgで1肩といった商品の方が食べられる身の部分が多いことになります。

 

タラバガニ肩脚を通販サイトで購入する場合、重要視すべきは、1肩当たりの重量かなって思います。タラバガニはやっぱりしっかりした食べ応えって大事ですからね。1肩の重量が大きくなると、1脚当たりのサイズが大きく、加食部分が多い方がおすすめです。

 

もちろん、4肩だと1肩に比べると脚の本数は4倍。家族構成などを考えると本数が必要なんて方は、4肩の方がいい方もいるかもしれません。でも、1肩が250gのタラバガニとなるとかなり細く小さいものになります。予算が許す限り1肩サイズが大きいものがおすすめです。

 

 

タラバガニ通販でおすすめの肩脚購入方法は足し脚なし

タラバガニ通販では足し脚や差し足ありといった表記があります。足し脚(差し足)とは、重量表記に対し、重量が足りない場合に他の脚を入れて足しているものです。

 

タラバガニ肩脚を購入する際は足し脚(差し足)がないものがおすすめです。上記の肩数量で説明した通り、タラバガニ肩脚には食べられない殻の部分があります。足し脚(差し足)が必要ということは、1肩サイズが小さくなり、殻の部分が増えるので加食部分が小さくなります。

 

もちろん、足し脚(差し足)が悪いというわけではありませんが、想像していたタラバガニ肩脚より小さいものが届くとちょっと残念ですよね。

 

タラバガニ肩脚通販時には全体の総重量ではなく、1肩当たりの重量を調べて、足し脚(差し足)無しを購入する事がおすすめです。

 

タラバガニ肩脚通販は足し脚なしフルシェイプがおすすめ

タラバガニ通販で『フルシェイプ』って書かれていることがあります。

 

私も最初見たときは最高級フルシェイプとか書かれているのでフルシェイプって何?って思っていました。

 

調べてみるとフルシェイプとは「完全な一本物(1肩)」という意味です。一肩の脚や爪などがすべて揃っている状態の事を指します。

 

足し脚なしのフルシェイプは細い足を詰め合わせた訳ありのキロ売りとは違い、足し脚なしの完全な一本もの。身入りの良い、食べ応えのあるタラバガニ肩脚を購入するなら、足し脚なしのフルシェイプとしっかりと記載している商品を選ぶといいですよ(*^^)b。

タラバガニを通販で購入時に量を選ぶ基準は?おすすめチェックポイントを紹介

読了までの目安時間:約 7分

 

タラバガニを通販で購入する際、何㎏あるのかを選んで購入します。タラバガニ5㎏や2.5㎏、1.5㎏など様々な量で販売されています。普段から食べ慣れていないと、5㎏や2㎏って言われてもいったい何人前なのか?1人前ってどのぐらいが適量なのかわかりませんよね。

 

親切な通販ショップになると【2人前でおすすめ!】とか、【1.5㎏(2人前)】などと表記されていたりします。タラバガニは食べ方も色々あり、また、ポーションなどのむき身や姿物の殻付きなど販売されている形態も様々なので単に重量だけで、どの商品も同じように比較し購入する事はおすすめできません。

 

商品の販売されている状態やどのように食べるのかなどによって重さを見ながら購入することがおすすめです。一般的に適量だと言われている量を紹介していきいます。でも、食べる量は個人差があるので参考量として見て頂ければと思います。

 

 

タラバガニ通販で購入の人数別おすすめ量

タラバガニを食べる一般的な身の量としては1人前が500g(0.5㎏)ぐらいだと言われています。お腹いっぱい食べたい思っていたらちょっと物足りない量かもしれないので人より多く食べるなんて方は500g(0.5㎏)より、ちょっと多めに購入するのがおすすめです。

 

しかし、食べ方によっても量は変わってきます。タラバガニのしゃぶしゃぶや焼きガニなどをして、タラバガニをメインで食べるならちょっと多めに購入しておくことがおすすめです。

 

それに対し、カニ鍋やサイドメニューなどタラバガニ以外の具材なども一緒にある程度食べる料理に使用する場合は、少し抑えめにしておくことがおすすめです。せっかく蟹のダシなどで鍋具材を楽しむのもカニ鍋の醍醐味、〆の麺や米なども楽しみですからね。

 

タラバガニの量 目安
サイドメニューメインメニューたっぷり
1人前400g程度500g程度700g程度
2人前800g前後1㎏前後1.5㎏前後
3~4人前1.2㎏~1.6㎏1.5㎏~2㎏2㎏~3㎏
5人前以上2㎏以上2.5㎏以上3.5㎏以上

 

 

タラバガニ通販で殻付き商品を購入するなら要注意!

 

タラバガニ通販で姿物や肩脚などを購入するときは、殻付きなので重量を注意してチェックすることがおすすめ!

 

タラバガニの重量は基本的に甲羅や殻を含めた重量が表示されています。その為、姿物や肩脚などは、実際に食べれる部分である身の箇所が表示されている重量より少なくなります。

 

その量は、身入りの状態などによって変化します。姿物の1尾などを購入するとおおよそ殻や甲羅を取り除いた場合、3分の1から半分程度が減ってしまいます。1尾が1㎏のタラバガニなら1人で食べるなら十分な量がありますが、メインとして食べるなら2人だとちょっと物足りない量になるかもしれません。

 

タラバガニはミソの部分はあまり食べられることがないため、肩脚なども人気の商品になります。タラバガニは脚の食べ応えが魅力的な商品ですからね。肩脚は、もちろん上記の通り身入りの状況で変わってきますが、一般的に1肩700g~800g程度のものが1人前程度、200gぐらいが殻の部分になります。

 

ポーションなどを見ると殻の部分が少ないため、多くの部分が身の部分ということになります。また、タラバガニ鍋などに便利な半むき身といった商品は殻が半分程度取り除かれている状態です。

 

タラバガニ通販では様々な加工がされた商品が販売されているので、購入する際は実際にどの程度の身が入っているのかに注意して購入するのがおすすめです。

 

 

タラバガニ通販で購入時生かボイルかチェックがおすすめ。重量が変わる!

タラバガニ通販では『生』や『ボイル』といった商品が販売されています。タラバガニを何人前購入するか検討するときは、これらの『生』、『ボイル』の加工の違いをチェックしておくことも大事なおすすめポイントです。

 

『生』とは熱処理をせずに冷凍したタラバガニです。生きた活タラバガニとは違いますよ。たまに生きているものが来るのかと思ったなんてこともあるので念のため。そして『ボイル』とは、タラバガニ通販では熱処理後に冷凍したタラバガニということになります。

 

タラバガニはボイルすると、重量が減ります。それは茹でることで水分が出ていくためです。『生』の商品に比べると2~3割程度軽くなります。ボイルした後の重量表記で生冷凍のものと比較し、重量が同じ、価格が同じなら当然ボイルがお得でおすすめってことになりますね。でも、通販サイトによって、ボイル後の重量を表示したり、ボイル前の重量を表示してあるところなどもあるので注意が必要です。

 

『生』のタラバガニを通販購入するなら、その後ボイルや焼きなどの調理で水分が減って重量、つまり身が減ることも頭に入れておきましょう。それを考えて重さを検討するのがおすすめの購入方法です。

 

タラバガニを茹でている工場の動画を発見!こんな感じで茹でられてるんですね。動画のコメントに工程について紹介がありましたので参考に!

釜で茹で上げた蟹は、冷水で締めた後、しばらく冷まします。こうして活茹で商品は出荷されてゆくのです。また、保存する蟹はグレースという冷凍焼け防止の薄い膜を張ってマイナス30℃で急速冷凍をかけます。

参考元(下記の紹介動画より):https://www.youtube.com/watch?time_continue=39&v=hY7DgnGFOhs

 

 

 

カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
タグ
メタ情報